こめじるし
こめじるし

リフォームと愛着

2015/04/7

2015-04-01 18.06.26

 

 

お店のリフォームは着々と。

プロに任せた大きな作業はほぼ終わり、

あとは自分たちで

天井を抜いたあとの梁掃除や隙間を埋める作業中。

それが終われば次は壁塗りへ。

 

 

天井から突き出た釘を

ペンチで1本1本切る作業は

かじかむ手に想像以上にこたえたり

 

お昼にお弁当を持って行って

狭く未完成のキッチンで

寒い寒いと豚汁をすすったり

 

近所の方が犬の散歩がてらのぞきながら

天井を抜いたところを見て

「こりゃ寒いでえ。」などと話しかけてくださったり

 

何気ない出来事もすべてがお店づくり。

思い入れが一つ一つ、ふえていく。

 

こめじるし Online Shop

仕入れの旅 02

2015/03/14

 

 

1日目の境港から移動し

2日目はさらに鳥取県西部の岩見町 延興寺窯から。

 

父と娘2代で作陶を続ける山下さん親子。

「元気にされていましたか。」と

毎回お母さんがお茶とお菓子を出してくださり

雪の話やら、ご近所さんの話やら

世間話をしてくださるのが楽しい。

 

お父さん、娘さんともに

いつも謙虚で控えめな話しぶり。

やはり、民藝の作り手さんはみな「職人」で

「作家」ではないということが

そんなところからも感じ取れるのだ。

 

DSC_0153

 

つづいては、倉吉市 福光窯へ。

今回初めて、作陶する河本さんのお話を伺うことができた。

 

昔、修行をする頃は紙がなく

運び出される陶器はすべて藁で包んでいたこと。

その藁を育てるために田を手伝っていたこと。

今や全国で土や釉薬を手に入れることができ、

陶器を見てどこで作られたものかを

判断することが難しくなってきていること。

さまざまなお話を聞かせてくださった。

 

私たちももっと、もっと勉強しよう。

そして、もっと深いお話をできるようになりたい。

 

購入した1点1点を、ていねいに包んでくださるお姿を見て

また気持ちを新たにした。

 

 

 

 

こめじるし Online Shop

仕入れの旅 01

2015/02/20

島根県松江市玉湯町。

旅のはじまりは湯町窯から。

色とりどりのスリップウェアのように

いつも元気なお父さんが、今日もちゃきちゃき対応してくださる。

品定めの合間に「ちょっとちょっと」と奥の部屋へ。

行ってみるとそこには、エッグベーカーにほかほかの卵。

ここでしか見られない貴重な品々に囲まれて

はふはふいただくそれは特別な味がした。

 

image

image

 

つづいては、鳥取県境港市。

伯州綿と呼ばれるこの土地で昔から育てられてきた綿による

「弓浜絣」の伝統を守る「工房ゆみはま」。

丁寧に対応してくださるその姿に

ものづくりへの真摯な気持ちが伝わる。

ああこの品物たちと丁寧に販売しなくてはと

気が引き締まる思い。

茶色の綿を初めて目にした。色をつけたものではない。

もとから茶色い色をしているものは、この地方独特のものだそう。

 

DSC_0134

DSC_0150

 

やはりものづくりに向き合う方との時間はうれしい。

テレビやインターネットの情報ではない

毎日土や、綿や、糸に触れてそれらと会話して

疑う余地のない自然の摂理とともに生きている方たち。

もっとお話を聞きたい。

 

こめじるし Online Shop

身土不二

2015/01/31

image

 

自論。

一緒に餅をつくことは家族の証なのである。

実家では、1年に1度家族全員で餅をつく。

結婚してからも、家族で餅をつくことができる環境にいる。

こちらでは「寒餅」とか「寒水」などと言い

正月から2月3日までにつく餅は大変に良いそうで

節分までは幾度となく餅をつくのだ。

 

実家のように外で火を炊き、米を蒸すようなことはしないが

それでも、あれやこれやと話しながら

餅を祖母がちぎっては、揉む作業は

楽しくてうれしくて、なつかしい。

 

この土地の、この家族の伝統を継承しよう

などと鼻息荒く挑んでいるつもりはないのだけれど

昔から大切にしてきた家族の習慣が

新たな土地でも同じということが何ともうれしい。

 

あんこ餅に使うあんこは、祖母が育てた小豆で作る完全手作り。

この土地で育ったものを、季節とともに、この土地のならわしに従っていただく。

「身土不二」。お店でも私たちが伝えたい、大切にしたいこと。

 

こめじるし Online Shop

家の息吹

2015/01/26

 

店舗となる建物の内部解体が始まった。

雨の日も、雪の日も、

30年以上この家を支え続けた柱があらわになり

ひっそりと、そこで呼吸をしていた。

この場所を大切にしてきた家主さんとともに

寄り添い続けた壁や畳を失ったせいか

少し寂しそうにも見える。

 

この度の工事で、何本かはその使命を全うするが

のこりの柱たちはうれしいことに家の別の場所で

新しい役割を担ってくれるのだそうだ。

 

庭にある小屋では、

家を建てる時のものと思われる

間取り図を見つけた。

別荘としてこの家を建てた前の家主さんも

きっと今の私たちと同じ気持ちでいただろう。

そう考えると建物への愛着もひとしお。

 

今も、昔も「はじまり」のそばにある柱たちに支えられて

家の命は途切れることなく、これからも引き継がれる。

 

image

 

 

 

こめじるし Online Shop

日をめくる

2015/01/15

 

 

image

 

今年から我が家では日めくりのカレンダーを使っている。

たまたまいただいたものではあるが、

この「めくる」という行為がとても新鮮なのである。

ついでにそこに書かれていることわざを読み

ふむ、と今の状況に置き換えてみては

朝から感慨深くもの思いにふけっているのだ。

新しい年が明け、1日1日を何の意識もなく

ばたばたと過ごしてしまいがちな中で

この朝の「ひとめくり」は、よし今日という1日が始まるぞと

一呼吸くれるようで何ともすがすがしい。

新たなことが始まる1年。

来る日のために1日を大切に重ねたい。

今年の12月31日のカレンダーをめくる朝は

どんなことを思っているのだろう。

お店はいよいよ、リフォームが始まった。

しばらくは雪のご機嫌を伺いながらになりそうだ。

 

image

 

こめじるし Online Shop

冬という季節と温度

2014/12/29

image

 

DSC_0046

 

これからお店となる建物に、「燻製会」なる会のもと

UIターンの方たちが集まってくださった。

これから大幅にリフォームをするため

現状の建物としては、ありがたい見納め会となった。

この場所には、役場の方の紹介で出会うことができ

その場所にはいま、たくさんの方たちが集まっている。

私たちがいまめざすことへの道は

決して自分たちの手だけでは辿りつかないと

あたたかい気持ちでいっぱいになった。

会の最後には、雪の中で焚き火をした。

まだ6時というのに、あたりは降る雪さえも見えない闇の中で

ただつんとはりつめた寒さと、焚き火の暖かさを感じながら

そういえば冬の本当の温度に

ここ最近向き合っていないことに気づいた。

「寒い」という言葉は、悪い意味ではないのだ。

先日凍結で破裂してしまった水道管のことを思い出しながら

私たちはまだ、ここで過ごす本当の冬の姿を

まだ知らないのだと思った。

そして、これから出会うことのできる

いろいろの季節の姿があることに、

吹雪く雪にも全く負けない焚き火の炎を見つめながら

心がどきどきする心地がした。

 

こめじるし Online Shop

今月の営業日

  お休み


  
過去のお知らせ
  
  
過去の月別お知らせ
分類別
邑南町付近の天気

こめじるし

〒696-0222

島根県邑智郡邑南町下田所1570
Tel&FAX 0855-83-0088

OPEN 11:00-18:00
※ランチ営業は只今お休み
MAIL info@komejirushi-web.com


Facebook
TOPへもどる