こめじるし
過去の日記
分類別

こめじるし

〒696-0222

島根県邑智郡邑南町下田所1570
Tel&FAX 0855-83-0088

MAIL info@komejirushi-web.com


Facebook

今年もよろしくお願いいたします。

2024/01/6

昨年末の雪が溶け、雪のない暖かな年始となりました。

 

こめじるしは、今年で10年目を迎えます。

10年という年月はあっという間で

しかしながらその間に家族が増えて、

こめじるしからたくさんのご縁も広がり

とても濃厚な一言で表すことができない

年月でもあります。

 

さてここから、こめじるしはどんな風に進んでいこうか

日々夫婦二人であれやこれや語っておりますが

とにもかくにも私たち自身がこめじるしとして

変わらずここにいられること、

これからもここにいたいと思えていることが

奇跡に近い幸せだと思います。

 

今年も一年、あいかわらずの試行錯誤の日々ですが

こめじるしをどうぞよろしくお願いいたします。

こめじるし Online Shop

エピソード10

2023/12/12

長女も次女も、赤ちゃんの頃はこめじるしで長く過ごした。

そうなるとお客さまも子どもに気をかけてくださり

気づいたら、お客さまからお客さまへ

抱っこが連鎖していることもあった。

 

赤ちゃんの頃に来てくださっていたお客さまが

年中と小学2年生になった子どもたちを見ると

驚かれたように「大きくなったね!」と言ってくださる。

 

そうか、この子たちはこめじるしがあることで

とてもたくさんの方に小さい頃の姿を見てもらえたんだなと思う。

 

こめじるしは私たち夫婦二人のお店ではなくて

「あの子たちがいるお店」と家族ごと見てくださる方がいることも

とてもうれしいことだと改めて思う。

こめじるし Online Shop

エピソード9

2023/11/13

うちのひいおじいちゃんは、御年96歳。

うちのひいおばあちゃんは、御年91歳。

おじいちゃんは施設にいるが、おばあちゃんはまだまだ家で元気。

こめじるしをオープンする頃には二人とも活動的で

じいちゃんは車の運転もしていた。

オープン前には二人で軽トラで来ては草取りをしてくれたり

持ってきたおにぎりをまだ未完成のこめじるしで一緒に食べたりした。

 

当たり前だけれど時は経ち、

じいちゃんばあちゃんも年を重ねた。

その時に一緒に過ごした時も、話したことも

忘れそうになっている自分にはっとする。

 

今のこめじるしがあるのは、じいちゃんばあちゃんのおかげ。

こめじるしは、私たちの力だけでは生まれていない。

こめじるし Online Shop

エピソード8

2023/10/9

朝来ると、玄関先に山盛りの野菜が置いてあったり

ある時はぬか漬けが置いてあったり

新しくランチを始めるとなると早速に食べに来てくれたり

見かけるといつも明るく声をかけてくれたり

すべてを書き始めるときりがないくらい

あたたかな、私たちにとって大切な

こめじるしのおとなりのお父さんお母さん。

こんな山奥だけれど、安心してお店ができるのは

お二人の存在がそばにあるからだと

いつもいつも、ありがたく思っています。

こめじるし Online Shop

エピソード7

2023/07/29

その方はいつも、1周年ごとに花束をくださる。

 

ふだんはドライフラワーや花束を

お願いするたびに素敵なものを作られる方だけれど

周年ごとに私たちにくださる花束は

お庭にある草花を使った、とてもさりげなくて美しい

その方らしい花束。

 

今年は9周年。その花束を受け取って

改めて自然を見つめる人は優しいと思った。

 

9年の間にいろいろなことがあったけれど

草花は変わらずそこに咲き、美しさは変わらない。

それを見つめ続ける人は、やはり変わらず優しいのだと思う。

 

こめじるし Online Shop

エピソード6

2023/07/7

こめじるしには連休に帰省のタイミングで来てくださる方が多い。

そう言っただけであの方も、この方もといろいろな顔が浮かぶのだが

お会いするスパンが長いため

連れていた小さなお子さんがぐんと背が伸びていたり

お子さんが生まれて赤ちゃんを連れて来られたり

その変化に毎回驚かくことも多く、うれしいことこの上ない。

 

その中でも県外に出られている方が

邑南町内の家族を連れて来られることも多い。

おじいちゃんお一人では足を運ばれたことがなかった場所。

家族に連れられて初めてこめじるしに来られたと

うれしそうに話される姿はいつもこちらがうれしくなってしまう。

こめじるし Online Shop

エピソード5

2023/06/12

ある時は、お店のパンフレット。

ある時は、イベントのフライヤー。

ある時は、おすすめ音楽を集めたCD。

 

ふらりと来られては、あらゆる情報をくださる

とてもセンスの良い男性がおられた。

 

私たちは名前も、お仕事も、年齢も何も聞かぬまま

来られるたびにいろいろな話を聞かせていただいた。

 

そのおかげで、新たなつながりが生まれたり

お店のBGMの幅も広がった。

 

そしてある時ふと、県外の実家に戻るので

来られなくなると言われたきり、お会いすることはなくなった。

 

「こめじるし」という存在でいるからこその出会いの形。別れの形。

私たちはさまざまな出会いのおかげで今、ここにいる。

こめじるし Online Shop
TOPへもどる