こめじるし

珈琲について

coffee01
有機栽培で育った安全な生豆。

一般的な生豆には、農薬や化学肥料が多く使用されています。焙煎時に残留農薬の値自体は下がりますが、完全に農薬が除去されることはありません。こめじるしでは、JAS認定の有機栽培コーヒー生豆(オーガニックコーヒー生豆)だけを使用し農薬や化学肥料を使用しない、安心な生豆を使った自家焙煎を行っています。また黒く腐食した豆や、虫食いの豆など、美味しさを阻害する豆を一粒一粒丁寧に取り除く作業も大切にしています。

coffee02
焙煎する「時」も、一粒一粒に込めて。

焙煎は山々に囲まれた静かな店内で、豆がハゼる音に耳を澄ませながら少量ずつ行います。大きな焙煎機を設けて大量に焙煎する方が効率は良いのですが、あえて少しずつ豆と向き合う焙煎スタイルをこめじるしの珈琲らしさと考えています。また、少量ずつ焙煎するため豆の鮮度が落ちることなく、廃棄することもなく、必要な分だけ焙煎することで常に新鮮な珈琲豆をお客様にお届けしています。インターネットの注文販売に関しましても、基本的には受注生産とさせていただいております。

coffee03
気候で変わる個性も大切にブレンド。

こめじるしでは「浅煎り」「中深煎り」「深煎り」と3種類のブレンド珈琲豆をご用意しております。小さな焙煎機での焙煎は天候や気温の影響を受けやすいため、同じように焙煎した豆でも味や風味が微妙に異なることがあります。そのため、焙煎するごとに味を確かめ、配合を変えることで調整し、いつもの「美味しさ」を見つけています。珈琲豆一粒一粒にも個性があると考え、それらの味を大切にしたブレンドを心がけています。

coffee04
抽出方法について
こめじるし店内では、ペーパードリップでお淹れしております。ブレンドによって抽出方法を若干変えてはおりますが、基本的にはネルドリップやフレンチプレスなどの他の抽出方法でも豆本来の味わいは変わらず、美味しくお飲みいただけます。1杯あたり豆の量は12g(深煎りは14g)、湯温は90度〜95度、抽出量は120gでお飲みいただくことをおすすめします。
TOPへもどる