こめじるし

珈琲について

coffee01
信頼できる厳選された生豆。
こめじるしでは、トレーサビリティ(生産した農園主・農園名・品種・精製方法などを明確にし生産履歴が明確にわかること)が可能な生豆のみを厳選し自家焙煎を行っています。黒く腐食した豆や、虫食いの豆など、美味しさを阻害する豆を一粒一粒丁寧に取り除く作業を大切にしながら、取り扱う豆の中にはJAS認定の有機栽培珈琲生豆もあり、農薬や消毒の観点から安全な珈琲豆もご用意しております。同銘柄の豆でも様々な農園から仕入れ、味わいの違いを常に研究しながらこめじるしならではの珈琲のおいしさを表現します。
coffee02
焙煎する「時」も、一粒一粒に込めて。
焙煎は山々に囲まれた静かな店内にある小型の焙煎機で、豆がハゼる音に耳を澄ませながら少量ずつ行います。大量に焙煎する方が効率は良いのですが、あえて少しずつ豆と向き合う焙煎スタイルをこめじるしの珈琲らしさと考えています。また、少量ずつ焙煎するため豆の鮮度が落ちることなく、廃棄することもなく、必要な分だけ焙煎することで常に新鮮な珈琲豆をお客様にお届けしています。インターネットの注文販売に関しましても、基本的には受注生産とさせていただいております。
coffee03
微調整を繰り返しながら、美味しさを追求。
こめじるしでは定番ブレンドや季節の合わせたブレンドに加え、シングル豆各種もご用意しております。小型の焙煎機で何度も焙煎を繰り返しながら微調整を行い焙煎するごとに味を確かめ、豆の個性をひきだす方法を追求しています。またブレンドについては、豆の種類や配合を変えていくことで新たな美味しさを見つけています。珈琲豆一粒一粒にも個性があると考え、それらの味を大切にしたブレンドを心がけています。
coffee04
抽出方法について
こめじるし店内では、ペーパー(またはネル)ドリップでお淹れしております。ブレンドや豆によって抽出方法を若干変えてはおりますが、基本的にはネルドリップやフレンチプレスなどの他の抽出方法でも豆本来の味わいは変わらず、美味しくお飲みいただけます。1杯あたり豆の量は12g(深煎りは14g)、湯温は93度〜95度、抽出量は180〜200gでお飲みいただくことをおすすめします。
TOPへもどる